1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【パルシステム連合会】ゲノム編集食品不使用を明文化 基本方針を策定

NEWS

お知らせ

お知らせ

【パルシステム連合会】ゲノム編集食品不使用を明文化 基本方針を策定

「知る権利」「選ぶ権利」の確保も求めます

パルシステム連合会はこのたび、新たに「ゲノム編集技術応用食品に対する方針」を定めました。ゲノム編集食品の開発や流通に反対する基本姿勢を明文化し、同食品の不使用を追求します。あわせて生活者の知る権利、選ぶ権利を尊重し、透明性のある情報公開を国の制度として求めていきます。

透明性ある情報公開制度を

「ゲノム編集技術応用食品に対する方針」は、基本姿勢・方針のほか、事業や運動として活動すべき姿勢を明文化しました。基本方針では、ゲノム編集食品の不使用を追求しながら、すでに流通が制度上認められている現状を鑑み、表示や届け出の義務化ならびに各種情報を公開するなど透明性を確保した制度構築を政府などへ求めます。
ゲノム編集食品は、人為的な突然変異を利用した品種改良技術によってつくられた農畜水産物のことです。国内ではすでに、機能性成分ギャバの含有が高いトマトや、可食部を増量したマダイなどが国へ届出され、流通しています。
パルシステムは、ゲノム編集食品を遺伝子組み換え作物と同様に「生物多様性(環境)への影響」と「食品としての安全性」の両面から安全性が確保される仕組みが必要と考えます。

基本姿勢ならびに基本方針は次の通りです。

1.基本姿勢
ゲノム編集食品に反対の姿勢を示します。
2.基本方針
(1) ゲノム編集食品の不使用を追求します。
(2) ゲノム編集食品の表示や届出の義務化、食品安全性審査及び情報の公開などを求める運動に取り組みます。

方針全文はこちらのサイトから閲覧できます。

パルシステムの遺伝子組換えとゲノム編集の考え方

最新記事

最新の記事

2月6日(火)の配達に関する重要なお知らせ

2月6日火曜日コースの組合員の皆さまへ重要なお知らせ 【お詫び】高速道路の通行止めの影響によりほとんどの商品のお届けができません いつもパルシステムをご利用いただきありがとうございます。 昨日からの関...
コメントなし

【連合会】オリコン顧客満足度調査 食材宅配 首都圏 総合1位 「子育て」「共働き」世帯で高評価

「商品の充実さ」「利用のしやすさ」など好評 パルシステムは、株式会社oricon MEが2024年2月1日に発表した「2024年 オリコン顧客満足度(R)ランキング」の「食材宅配 首都圏」で総合1位を...
コメントなし

【お知らせ】持続可能な社会づくりへ34の地域団体へ2,000万円を助成 2023年度「ささえあい基金」「地域づくり基金」

多様な事情を抱える人たちや持続可能な農林水産業を応援 パルシステム共済連とパルシステム連合会はこのたび、それぞれ運営する「ささえあい基金」「地域づくり基金」の2023年度助成先を決定しました。両基金を...
コメントなし

【3/10開催】5年ぶり、文弥人形上演会開催のお知らせ~参加者募集~

パルシステム連合会では、2024年3月10日(日)に町田市文化交流センターで文弥人形上演会を開催します。 2009年より開催してきた文弥人形上演会、2019年は中止、2020年と2021年は、オンライ...
コメントなし