1. HOME
  2. お知らせ
  3. JAささかみとの事業連携契約書を締結しました

NEWS

お知らせ

ニュース

JAささかみとの事業連携契約書を締結しました


新潟ときめき生活協同組合とささかみ農業協同組合(JAささかみ)は、本日(4月1日)両組合の事業連携に関する契約書を締結しました。

JAささかみは、長年にわたって有機や減農薬のコメ作りに取り組み、パルシステム生活協同組合連合会(以下、パルシステム)との産直提携を通じて関東圏のパルシステム組合員向けに有機米・減農薬米を中心とした農産品・農産加工品を出荷してきました。一方、新潟ときめき生協は、パルシステムの一員として産直・地産地消に取り組み、新潟県内の組合員に商品を配達しています。
そのような中、これまでJA全農にいがたが県域で取り組んでいた食材宅配事業がJA全農の全国規模事業に変更になることから、ライフラインとしての商品供給事業を別の仕組で構築することについて協議検討を重ねてきました。その結果、双方の得意分野と経営資源を活用する仕組を構築し、このたび契約書の締結に至ったものです。

この度の事業連携で、JAささかみ組合員が新潟ときめき生協の組合員となってその宅配事業を利用するという道筋ができたことにより、双方向の連携・交流をさらに進めていくことになります。

最新記事

最新の記事

【4/6オンライン企画】「もっといい明日へ 超えトーク」お米で超えてく-正しい栄養知識と魅力を知ろう-

パルシステムは食料自給率の向上を大きな方針として掲げ、「お米で超えてく」アクションを開始しました。「お米」を通じて一人ひとりの意識を「超えてく」ために、お米の正しい知識や魅力を広く社会に発信します。 ...
コメントなし

【パルシステム連合会】遺伝子組換え作物に新表示(3月13日から)

パルシステム連合会は3月13日(月)から、カタログやインターネット注文画面で、遺伝子組換え対象作物の原料管理状況を知らせる新たな表示を開始します。 加工食品だけでなく飼料の分別状況を確認した畜産関連商...
コメントなし

【パルシステム連合会】政府へ飼料高騰の対策強化を要望 国産化や施設更新など制度拡充を

飼料価格の高騰が続く状況を受けパルシステム連合会は2月14日(火)、野村哲郎農林水産大臣へ支援制度の拡充などを要望しました。補助制度の弾力的な運用や国産飼料の生産拡大など持続可能な畜産を営む環境整備へ...
コメントなし

でんきを消してスローな夜を♪

2023年3月11日(土)で東日本大震災から12年。3.11は、エネルギー問題についても考えるきっかけとなりました。 パルシステムでは、2023年2月27日(月)~3月11日(土)の期間で「キャンドル...
コメントなし