1. HOME
  2. お知らせ
  3. ゲノム編集技術の規制に関するパブリックコメント 提出しました

NEWS

お知らせ

ニュース

ゲノム編集技術の規制に関するパブリックコメント 提出しました

新潟ときめき生活協同組合(理事長 瀬野悦子)は、10月12日(金)
環境省の「ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について(案)」に関するパブリックコメントを提出しました。
このパブリックコメントは、細胞のゲノム編集技術によって作られた生物について、
「カルタヘナ法」(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律)の規制対象から一部除外することに関して、
意見を求めているものです。
当組合は、ゲノム編集技術による遺伝子改変によって作り出された生物も、遺伝子組換技術によって作り出された生物も、
人為的に遺伝子を改変して新たな生物を生み出すという点で、
その目的と生態系等への影響は同等であること。
生物多様性の保全という観点から、ゲノム編集技術も遺伝子組換技術と同等に扱うべきであり、
一部対象外とするのではなく全て同法の規制対象とすべきだとして、意見を送りました。

【参照資料】
ゲノム編集について(Wikipediaより)
カルタヘナ法について(農林水産省ウェブサイトより)

最新記事

最新の記事

2020年度総代選挙結果について

9月22日(火)、第2回総代選挙管理委員会を開催し、総代選挙の立候補状況を確認しました。 選挙区ごとには中越選挙区が定数未満でしたが、全体で102人となり、定数(最少100人~最大150人)の範囲内の...
コメントなし

第4回通常総代会 開催しました

生活協同組合パルシステム新潟ときめきは、6月19日(金)新潟日報メディアシップ2F日報ホールで、第4回通常総代会を開催しました。新型コロナ感染症の影響で、例年より実出席が少なく、書面議決出席の多い総代...
コメントなし

事業開始3周年、ありがとうございます

生活協同組合パルシステム新潟ときめきは、2017年6月5日の事業開始から、今日で3周年を迎えました。 これまで支えていただいた皆様に感謝申し上げます。 今日は「三密」を避けるため青空の下で、3周年の朝...
コメントなし

地域別総代交流会中止のお知らせ

5月14日~22日に予定していた第3回地域別総代交流会につきまして、5月6日以降の緊急事態宣言の動向を確認した上で開催できるかどうか最終判断したいと考えておりましたが、このたび全国的に期間延長となった...
コメントなし