1. HOME
  2. お知らせ
  3. ゲノム編集技術の規制に関するパブリックコメント 提出しました

NEWS

お知らせ

ニュース

ゲノム編集技術の規制に関するパブリックコメント 提出しました

新潟ときめき生活協同組合(理事長 瀬野悦子)は、10月12日(金)
環境省の「ゲノム編集技術の利用により得られた生物のカルタヘナ法上の整理及び取扱方針について(案)」に関するパブリックコメントを提出しました。
このパブリックコメントは、細胞のゲノム編集技術によって作られた生物について、
「カルタヘナ法」(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律)の規制対象から一部除外することに関して、
意見を求めているものです。
当組合は、ゲノム編集技術による遺伝子改変によって作り出された生物も、遺伝子組換技術によって作り出された生物も、
人為的に遺伝子を改変して新たな生物を生み出すという点で、
その目的と生態系等への影響は同等であること。
生物多様性の保全という観点から、ゲノム編集技術も遺伝子組換技術と同等に扱うべきであり、
一部対象外とするのではなく全て同法の規制対象とすべきだとして、意見を送りました。

【参照資料】
ゲノム編集について(Wikipediaより)
カルタヘナ法について(農林水産省ウェブサイトより)

最新記事

最新の記事

「コロナ禍で考えるママと赤ちゃんの防災」イベントのお知らせ

2021年12月17日(金)にパートナー団体「はっぴぃmamaはうす」との共同イベント「コロナ禍で考えるママと赤ちゃんの防災」を行います。 事前申込が必要ですのでご希望の方は以下のリンクからお申し込み...
コメントなし

「もし、私ががんになったら…」トークセッションLIVEのお知らせ

2021年11月13日(土)にパルシステム共済連の主催で「もし、私ががんになったら」と題して子育て中のがん経験者と医師によるオンライントークセッションのLIVE配信を行います。 事前申し込み、参加費は...
コメントなし

パルシステム連合会は「第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見」をパブリックコメントとして提出しました

パルシステム連合会は、9月27日「第6次エネルギー基本計画(案)に対する意見」をパブリックコメントとして提出しました。 【意見の要旨】 このたび発表された「第6次エネルギー基本計画(案)」では「203...
コメントなし

「コロナ困窮者を救え!コメ100トン緊急行動」たくさんの募金ありがとうございました。

*画像は2018年11月の商品展示会の一コマです。 新型コロナ感染症の収束が見えない中、生活困窮世帯とりわけ子供たちの「食」を支援しようと呼びかけた「コロナ困窮者を救え!米100トン緊急行動」募金活動...
コメントなし