1. HOME
  2. お知らせ
  3. ときめき学校 ~田んぼ~生きもの探索を実施

NEWS

お知らせ

ときめき通信

ときめき学校 ~田んぼ~生きもの探索を実施

新潟ときめき生協のお米の産直産地「潟東減農薬米生産者の会(新潟市西蒲区 代表:高木純一)」の全面的な協力と講師として「生きもの係(東京都)」の林 鷹央さんより来校いただき、6月11日(日)ときめき学校~田んぼ~」の2回目「田んぼの生きもの探索」が開催されました。

参加者全員で記念写真

前日までの荒れた空模様がウソだったかのように、晴天に恵まれて、爽やかな風の中での開催となりました。
早速、田植えをおこなった田んぼへ移動し林さんの指導のもと、田んぼの生きもの探索。水面には、ちょうど手が生えはじめてきた「おたまじゃくし」がたくさん!「ユスリカ」や「ヤゴ」もたくさんいましたね。子どもたちが「これなに~」と林さんに尋ねながら泥んこになって採取していました。

生きものを探す子どもたち

どこよりも早く、有人ヘリによる農薬散布を止め、可能な限り農薬を削減してきた、潟東の田んぼには、さまざまな生きものや、野草のにぎわいがあります。それぞれのなまえを知り、それぞれの性格を知り、身近な存在にすることで、生産者の米づくりへの想いや、農薬削減に取り組んでいる苦労などが少しでも伝わってくれればうれしいです。

昼食は潟東減農薬米生産者の会のおかあさん、ときめき生協の理事・監事が、早朝から準備してくれたおにぎりや、とん汁名人の生産者、石井さんがつくった豚汁でおなかいっぱいに。ごちそうさまでした!

午後は、林さんのオリジナルソングの弾き語りや、合唱で楽しく生きもたちのお勉強タイムと盛りだくさんの楽しい一日となりました。
次回は9月24日(日)「稲刈り&収穫祭」を開校します。

※「ときめき学校~田んぼ~」はすでに募集を締め切りました。


生きもの係 代表 林鷹央さん

最新記事

最新の記事

「コロナ困窮者を救え!コメ100トン緊急行動」たくさんの募金ありがとうございました。

*画像は2018年11月の商品展示会の一コマです。 新型コロナ感染症の収束が見えない中、生活困窮世帯とりわけ子供たちの「食」を支援しようと呼びかけた「コロナ困窮者を救え!米100トン緊急行動」募金活動...
コメントなし

募金のお願い!「コロナ困窮者を救え!コメ100トン緊急行動」

新型コロナ感染症の拡大で、新潟県内でも失業や収入の減少によって生活費に事欠く世帯が増えています。とりわけ学校の夏休みを挟む7月~9月は、子どもたちの食生活への影響が心配されます。 このたび、生活困窮世...
コメントなし

手数料一部改定のお知らせ

10月1回(10月4日~8日お届け)以降のパルシステム手数料は 1回のご利用金額が2,000円未満(税込)またはご利用がない場合に一部改定する運びとなりました。 詳細は下記のボタンからご覧ください。 ...
コメントなし

2021年産米 米産地現地確認会を実施しました

8月19・20日の両日、ときめき産直米・ときめき有機産直米の米産地現地確認会を実施中です。 ときめき産直米は生産者と生協の協議によって、化学肥料と農薬の使用基準を厳しく設定しています。 【ときめき産直...
コメントなし