新潟ときめき生協とは

新潟ときめき生協とは

生協とは?
生協(生活協同組合)は消費者がお金(出資金)を出し合い組合員となり、協同で運営・利用する組織です。
生協は組合員の「こんな商品(サービス)が欲しい」というニーズや、「こんな社会になってほしい」という願いを実現するために、同じ志の人々が集まっています。自分たちの暮らしを守り、より良くしていくため、組合員みんなで出し合ったお金(出資金)で商品を買い入れ、分け合う(利用)ことで運営されています。
出資者・サービス・運営が組合員を支える生協運営のしくみの図
組合員活動ってなに?

生活協同組合の主役は生活者である「組合員」。生協商品の利用や日々の暮らしからでてくる“願い”を現実なものにしていく活動、それが「組合員活動」です。新潟ときめき生協の組合員活動は、組合員が主体となって仲間(組合員・生産製造者・職員)と共に学び、気づき、語り、助け合い、行動します。
ひとりでは解決できないことでも仲間と一緒なら大きな力となり、“願い”に近づく行動力になります!
活動を通して一人ひとりが元気になることが新潟の豊かな地域社会づくりへと繋がります。

組合員の参加のかたち、いろいろ
カタログを見ながら気軽に
参加する

・オンラインモニター…インターネットを使ったモニター制度
・商品モニター…パルシステム商品を食べたり、使ったりした感想や意見を伝える活動
・使用済み切手・書き損じハガキ・絵本の回収…他団体と連携して、東南アジアなどの子どもたちを支援する活動
・組合員募金(カンパ)…災害被災者支援や世界の子どもたちのための募金活動

時間を作って気軽に参加する
・地域の活動…試食会や学習会、交流会など、地域で行われる活動に参加する。
・イベント企画…講習会、産地交流、ときめき学校などの活動に参加する。

組合員の代表となって活動する
生活協同組合である「新潟ときめき生協」では、組合員一人ひとりが”主役”です。
生協にとって、皆さん一人ひとりは――“消費者”ではなく、“組合員”です。
そして、その組合員の代表として、新潟ときめき生協の取り組みを決定し、さらに事業活動に対し意見や提案するのが、「総代」という役割。
そして、総代の皆さんとともに方針を決める場が「総代会」です。

イベントに参加する子どもたちの様子 総代会の様子

生協の組織について

組合員一人ひとりのニーズと願いを受け、組織としてひとつの意志のもと事業を運営するため3つの機関を設けています。
組合員一人ひとりのニーズと願いを実現していくためには、組織の意思決定に沿って、日々の業務や活動をすすめていく機関、“人”や“会議”が必要です。
新潟ときめき生協ではその主な機関を「総代会」「理事会」「監事(会)」と位置付けています。
意思決定機関である「総代会」が方針を決めると、「理事会」はそれを責任をもって執行し、その職務執行を「監事(会)」がチェックし、総代に報告します。
そして再び「総代会」が次の方針を決めていくという“三権分立”が、新潟ときめき生協の運動と組合員のくらしを支えているのです。

生協の組織を会社に例えると…
総代会…株主総会 理事会…取締役会 監事(会)…監査

組織概要

理事長あいさつ

新潟県の認可を得て2017年2月20日、新潟県に新しい生協が誕生しました。
新潟ときめき生活協同組合です。
新潟ときめき生活協同組合は、不必要な添加物や化学調味料を使用しない安全安心な食べ物を食卓に届けてほしいという私たち主婦の願いをかなえるために誕生いたしました。
また新潟の地域に根ざした、新潟を大切にする生協でありたいとの思いから、県内の生産・製造者との交流を積極的に行い、県内産の消費を推進し、作る人、食べる人、届ける人、関わる全ての人の思いを大切にした生協を作って行きます。
ぜひとも、皆さまからの応援、ご利用をよろしくお願いいたします。
理事長 瀬野 悦子

組織概要

名称    新潟ときめき生活協同組合
本部所在地 〒950-1101 新潟県新潟市西区山田303-8
理事長   瀬野 悦子
創立    2017年2月20日

沿革

2016年9月  設立発起人会発足
2016年12月  創立総会開催
2017年2月  新潟県認可
2017年2月  新潟ときめき生活協同組合創立
2017年6月  事業開始

私たちが、お届けします!
私たちがお届けする商品はこちらから
商品について